何とは言わない天然水飲みたさ

プログラマの論理

事象

先週の出来事。

私「今日学校行くことになるかもしれん」
母「出るなら洗濯物入れてって」

私の脳内: self.set_hook(BEFORE, 外出, function(){self.洗濯物を入れる()});

私「んー」

〜夜〜

母「なんで洗濯物入れなかったの!」
私「外に出なかったから……」

理不尽だ。 外に出なかった場合の動作は未規定なので実装依存のはずである。

母に味方する主張

最適化で命令を単純化すべきである。 すなわち、条件分岐をなくし、常に一定のタイミングで洗濯物を入れるよう動作すべきである。

私に味方する主張

最適化でパフォーマンスを向上すべきである。 すなわち、可能な場合常に洗濯物を入れないべきである。

教訓

実装依存の挙動は怖い。

追記 (2017-07-05)

なるほど。

参考資料