何とは言わない天然水飲みたさ

探すな、絞り込め / 或いは階層化されたタグの話

このブログでのタグ検索ページを見るのが早いだろう。

子孫タグ

このブログでのタグ検索では、もちろん差集合を含めて集合演算を実装した。 or, and, xor, differenceの4つだ。 これらの機能があれば、それなりに精度の良い検索ができるだろうと考えている。

xorはor, and, differenceの3つで表現可能だったが、どうせならネイティブで動かした方が早いしそんなに実装コストも大きくなかったため、とりあえず実装した。 使い道があるのかには疑問が残るが。

これらも割と頻繁に使われそうな気がしないでもないので、略として記号(|とか&とか)を使えるようにするべきかもしれない。

JSONによる検索クエリ

SetクラスMapクラスが実装されているため、記事の集合の表現にはこれを用いた。 しかし奇妙なことに、集合に対する演算は(unionやintersectionでさえも!)実装されていなかったため、配列を経由してfilterしたり結合して、再びその結果の配列をSetにする、といったよくわからない回り道をすることになった。 そのうち標準で実装される日が来るのだろうか……期待したい。